x

醍醐寺⇒(大和平野・奈良)





右側が醍醐寺霊宝館で、この道の先に今回訪問した「三宝院」があります。




これがかの有名な三宝院の大玄関前に咲き誇るしだれ桜です。薄いピンクの上品な色合いでした。

 





しだれ桜の隣にあった南天の実です。赤い色がとても綺麗でした。




三宝院内は撮影禁止と! 仕方なく、外から庭園のしだれ桜と建物の一部をショットだけ♪




国宝の唐門です。この向こう側に撮影禁止(しつこいですね♪)の庭園が広がっています。




院内の様子です。(特に目を引いたのはFで樹齢約600年の松です。巨大な盆栽といった印象でした。)


 

三宝院を出て、下醍醐・上醍醐方面を望むと、豊臣秀頼が慶長10年(1605)に再建した西大門(仁王門)が見えました。
西大門をくぐる(右の写真)と、金堂、五重塔、薬師堂(共に国宝)に行けましたが、次回のお楽しみとしました♪







西大門(仁王門)から総門(醍醐寺の玄関)を望む。右側が「三宝院」、左側は「霊宝館」です。




霊宝館の土塀から顔を見せていた桜ですが、品種が分かりません。




霊宝館の出入門です。17時でクローズとなってしまいました。




奈良駅に向かう途上で、車窓から平城宮跡の第一次大極殿が見えました。慌ててのショットでブレブレ。






す。Copyrights(C), 2008, Heartfelt Photography(ハートフェルト フォトク゛ラフィー), All Rights Reserved