x

(吉野山)⇒長谷寺⇒名古屋駅





長谷寺に通じる参道の入り口です。この先はだらだら坂と呼ばれていて、仁王門まで約20分ほど掛かるようです。




この川は長谷寺沿いに流れてくる初瀬川。左手の参道沿いに建ち並ぶ店々の年代を感じます。




ここは長谷寺の境内入口前の交差点で、写真中央の小道がだらだら坂です。





桜が満開の長谷寺境内の参道入口です。






重要文化財の仁王門です。この先に三百九十九段の登廊があります。






登廊を上り詰めると、慶安三年(1650年)に徳川三代将軍家光公のご寄進で建立された国宝の本堂があります。






長谷寺本堂は入母屋造りの正堂と礼堂、および懸造りの舞台を備えています。




本堂の舞台からの眺望です。手前に仁王門・下登廊の一部が見えます。右遠方は長谷寺の本坊です。




この五重塔は、明治9年に焼失した三重塔跡北側に、昭和29年に建立されました。




長谷寺境内のワンショットです。




忍者の里、三重県伊賀市を通過したときのワンショット。ゲームコンテンツ事業の大手「カプコン」の敷地内では満開の桜が一杯♪




この辺(新名神高速道路・東名阪自動車道の亀山JCT近隣一帯)はゴルフ場だらけ。




三重県亀山市は気候や土質が茶の栽培に適していたことから古くから茶の生産が盛んです。






岐阜県を流れる木曾三川といわれる揖斐川(いびがわ)、長良川、木曾川。




名古屋駅も、チョッと見ぬ間に超近代化したなぁ♪







す。Copyrights(C), 2008, Heartfelt Photography(ハートフェルト フォトク゛ラフィー), All Rights Reserved