x


伊豆半島めぐり(稲取→河津→修善寺)




相模湾に面した稲取漁港に程近い海岸線で「ならい」が吹き荒れていました




東伊豆町稲取の「絹の会」で「雛のつるし飾り」工芸の現場を取材させてもらいました




ミクロン単位といっては大げさですが、針使いの技にはただただ敬服するばかり




「ほおずき」の仕上げ段階で 縫いこんだ布の先端を張り出しています




生徒さんの作品例 (下の5個はクリックして拡大して見て下さいね)




ここでは38種類の雛が用意されていますが 難しいものは制作に3〜4時間かかります




「ほおずき」が5個つるされていますが みんなふっくらとしていて 生きているみたいでした




眼移りしてしまうほど 沢山のお雛様がつるされていましたが 手の込んだ一体を切り取りました!




危から去ることが出来ると言い伝えられる「四つ組み猿」が「絹の会」の入口に飾られていました




河津桜は見ごろを過ぎていましたが この一枚だけが何とか頑張っています




初めて訪れた「旧天城トンネル」です 構図の撮り方をチョッと間違えてしまいました




修善寺での一こまです 小雨に濡れてしっとりとした古寺の雰囲気が好きです




もう少し引いて撮ればよかったです なぜか顔が濡れていません!




修善寺にある2本の寒桜は2月下旬で5分咲きでした 今年は1週間ほど早咲きのようです







Copyrights(C), 2008, Heartfelt Photography(ハートフェルト フォトク゛ラフィー), All Rights Reserved