x


武田神社・甲斐善光寺に初詣

大正8年(1919年)に社殿が竣工した武田神社、永禄元年(1558年)に甲斐国国主武田信玄によって創建された甲斐善光寺。




武田神社の参道の一部となっている「神橋」は初詣の人々で埋め尽くされていました。




歴史がそれほど古くない神社でも、これだけの参拝者いました。




武田神社の外堀には沢山のマガモが浮かんでいましたよ〜。




甲斐善光寺の山門をくぐった参道から拝見した国指定重要文化財の本堂です。






武田信玄公が川中島の合戦の折、信濃善光寺の焼失を恐れ、御本尊善光寺如来をはじめ、諸仏寺宝類を奉遷しました。




甲斐善光寺の常香炉での一こまです







す。Copyrights(C), 2008, Heartfelt Photography(ハートフェルト フォトク゛ラフィー), All Rights Reserved