好天に恵まれた早朝、雪をかぶった富士に晩秋の太陽が照りつけていました。

いぶし銀の様に輝く富士の、その迫力に圧倒されます。

シジュウカラガンと思われる野鳥の一団が湖をのんびりと横切っていきました。

大自然を包み込むような富士の偉容の前で、時がゆっくりと流れてゆくような錯覚に見舞われました。

西湖湖畔の根場(ねんば)から観た富士は集落との対比で、その趣が異なります。

根場は西湖の西端から少し北にあり、茅葺集落を再現した「いやしの里」です。

圧倒されるような紅葉群には恵まれませんでしたが、やはり富士とのコントラストは絵になります。

残念ながら、夕暮れの紅富士を見ることができませんでした。



河口湖周辺地図はコチラ



Copyrights(C), 2008, Heartfelt Photography(ハートフェルト フォトク゛ラフィー), All Rights Reserved