名  所  旧  跡  め  ぐ  り

掲載月日順に並べてあります。最新はこちら

飛騨高山
飛騨高山 岐阜県高山市の町並みや、古民家の記録です。

1971年に撮影しました。古い写真はモノクロの方が似合います♪
x
高遠城址公園
高遠城址公園 2008年4月に長野県伊那市にある「高遠城址公園公園」を訪れました。 
東京から車で約3時間、8時に到着しましたが、駐車場はほぼ満車状態で
満開のピークに当たり、本当に幸運でした。
東京で観賞した 「ソメイヨシノ」 の奥ゆかしい色合いとは好対照に
筆舌に尽くしがたい 「タカトウコヒガンザクラ」 の迫力を、皆さんにお伝えしたいと思います。
x
昭和記念公園の桜
昭和記念公園の桜 公園内はほぼ一年中花がさいていて、花が好きな写真家も一年中楽しめる場所ですね。
時々フォトコンテストも開催されますが、題材の選定に苦労することもしばしばです。
2005年に撮ったもの2点と、2008年の作品を紹介します。
x
目黒川の桜
目黒川の桜 権之助坂下から中目黒、青葉台に抜ける目黒川沿いを散策しました。
全長約3Kmの桜並木があります。
高遠城址公園はボリュームで圧倒されますが、目黒川は長さで勝負してますょ。
特に中目黒界隈の小じゃれたブティーク・グルメ・雑貨などを眺めながら
人と桜のマッチングを写真に残す楽しみは格別ですネ
x
沖縄はや歩き
沖縄はや歩き 2008年の2月に訪れた冬の沖縄の断片的記録です。
【行程】 那覇空港→首里城公園→首里金城町石畳→東横イン→沖縄美ら海水族館
→八重岳→ナゴパイナップルパーク→ザ・ブセナテラス→琉球村→座喜味城址跡
→沖縄残波岬ロイヤルホテル→斎場御嶽→旧海軍司令部壕→那覇空港
気が向いたものだけシャッターを押したので、撮った写真はあまりありません。 
では 順不同で行きますぅ
沼原湿原
沼原湿原 2008年の7月に訪れた那須高原・沼原湿原に咲き誇るニッコウキスゲの圧巻です。
あいにく小雨交じりで霧がたちこめ、写真撮影には好ましい天候♪
But デージーとしては装備が過剰でした。
右手に三脚+EOS−1V 左手に傘 肩にはずっしりとカメラバッグ
雨には強いカメラとは言いながら、神経をすり減らし、構図を決める姿勢が悪かったのか
腰痛になってしまいましたとさ・・・ 
ガックリですが、作品を見て少しは楽になったかなぁ?
x
北杜市明野町のひまわり畑
北杜市明野町のひまわり畑 日帰りで明野温泉北側のひまわり畑を訪れました。
全会場で合計30万本のひまわりが咲くという、スケール抜群のフェスタが開催されています。

山梨県北杜市明野町は日照時間日本一
茅ヶ岳の麓に位置し、南に富士山、北に八ヶ岳、西に南アルプス、東に茅ヶ岳が望めます。

久しぶりにひまわりに触れることができ、また、絨毯のような広大な花園を満喫しました。
x
三島夏まつり
三島夏まつり 2008年8月の残暑厳しい中、三島市の名所を探訪しました。

三嶋大社を中心とした三島夏まつり、平成の名水百選に登録されている柿田川や
ほたるが生息する源兵衛川、魚が美味しい沼津漁港を三日間をかけてめぐりました。

「三島夏まつり」では、その圧巻であります「山車としゃぎり」の様子を約一日かけて撮影しました。
また翌日の 「頼朝公旗揚げ行列」 「万燈パレード」 の様子も紹介します。
x
三島の名水(柿田川・源兵衛川)
三島の名水(柿田川・源平川) 三島夏まつりを楽しんだ後は三島の名水めぐりをしました。

平成の名水百選に選ばれた「柿田川湧水」と、初夏にほたるの観察が出来る「源兵衛川」

共に富士山の雪解け水などが溶岩の地下水路を経て湧き出し、流れる。

芭蕉の句: あじさいや 三島は水の裏通り
x
沼津港(海産物の宝庫)
沼津港(海産物の宝庫) 三島から10数キロの沼津港は狩野川の河口にあり、柿田川の清流も流れ込んでいます。

沼津港の圧巻は、沼津魚市場を中心とした海産物の小売店街や飲食店街

一通り見物した後は一度は食べてみたい有名鮨屋へ。
x
日高市巾着田
日高市巾着田 埼玉県日高市巾着田の曼珠沙華公園を訪れました。

関越自動車道「鶴ヶ島」インターチェンジから西へ約15kmにあり

巾着のような形をした公園を高麗川が包み込むように流れています。

色鮮やかな彼岸花をお楽しみください
x
小江戸/川越 
小江戸/川越 川越には、江戸の町家形式として発達した 「蔵造りの町並み」 が今も残っています。

時の鐘、菓子屋横丁なども川越の歴史文化の象徴的な存在です。

喜多院は、江戸城内から移設した客殿・書院や、五百羅漢で知られています。(2008.9.23)
x
佐原の大祭
小江戸/川越 国指定重要無形民俗文化財「佐原の山車祭り」は、「川越」「秩父」とならび

関東三大山車祭りに数えられ、約300年の伝統があります。

2008年は、10月10日〜12日に開催され、勇壮豪快な山車が街中を曳き廻されました。
x
川越祭
川越祭り 2008年10月18日・19日に開催された「川越まつり」を撮影しに行ってきました。

川越まつりは慶安元年(1648年)に始まったとのこと。

この無形民族文化財の一端に触れたことで、日本の伝統行事の素晴らしさに感動しました。
x
晩秋の河口湖
晩秋の河口湖 晩秋の河口湖界隈の紅葉狩りに出かけました。

当日は稀に見る好天に恵まれて、河口湖面に映る「逆さ富士」を拝むことができました。

西湖湖畔のいやしの里「根場」を訪れ

茅葺屋根の古民家群を前景にした富士の偉容に感動しました。
x

鷲神社・酉の市

鷺神社・酉の市 台東区浅草の鷲(おおとり)神社で開かれた酉の市(一の酉)に行ってきました。

神社は日比谷線入谷駅から5分ほどの場所にあります。

来年の商売繁盛などを祈願して、その後「超特大の熊手」を買ってゆく方々が印象的でした。
x

秩父の夜祭

秩父の夜祭 西武秩父駅から秩父鉄道の秩父駅の間を中心に秩父夜祭が開催され、日帰りで行ってきました。

300年以上もの歴史がある日本三大曳山祭で「お蚕祭り」とも呼ばれています。

夜景がチョッと苦手なキヤノンG10でしたが、その雰囲気だけでもお伝えできればうれしいです。
x

イルミネーション2008

イルミネーション 景気が悪くなると、明るい話題が楽しいですね。

東京都内と、チョッと足を運んで御殿場まで、イルミ狩りに出かけました。

Merry Christmas! 皆さんも一時の電飾スターダストショーをお楽しみください♪
x

伊豆稲取から河津、修善寺へ

伊豆稲取・河津・修善寺 2月後半の季節はひな祭り、早咲きの桜が話題になります。

伊豆半島に、この両方を楽しめる場所がありました。

稲取は「雛のつるし飾り」の名所、河津桜の本拠地の河津温泉境を中心に散策しました。
x

熱田神宮

熱田神宮 名古屋に所用があり、その機会を利用して、有名な熱田神宮を参拝しました。

太平洋戦争で各種社殿などが焼失したにもかかわらず

約1900年の歴史を垣間見ることが出来ました。
(2009.03.09)
x

熱海→三島

熱海・三島 熱海は何度も通っていますが、歴史的な旧家が点在しており

観光地として探索するには奥が深いです。


今回は「来宮神社」と「起雲閣」の雰囲気と、三嶋大社の桜をチョッとだけ切り撮りました。

(2009.03.24〜25)
x

身延山 久遠寺

身延山・久遠寺 身延山と、山麓の標高400m付近に在る日蓮宗総本山「身延山久遠寺」を訪問しました。

身延山頂では日蓮が父母を偲んで建立したと言われる「奥之院思親閣」を参拝しました。

久遠寺では樹齢400年を超える「しだれ桜」を鑑賞することが出来ました。
(2009.03.31)
x

弘前公園(青森県)

弘前公園 東北新幹線で八戸まで、東北本線に乗り換えて弘前へ。

我が家の財務大臣のご指示に従い、満開の桜ちゃんに会いに行きました。(2009.04.22〜23)
x

弘前の伝統・文化

弘前の伝統・文化 弘前公園の周辺には伝統的建造物が点在しているので、数箇所を訪問しました。

それから、津軽伝統の「ねぷた」や「木工芸」などの一端に触れました。(2009.04.23)
x

野毛本通り(横浜市中区)

野毛本通り 今年で第35回を迎えた「野毛大道芸」が野毛本通りほかで実施されました。

ここは2年前にJPS展入選作品を撮った思い出深い場所です。

前衛舞踏集団の舞いは少し過激ですが、哲学的世界の一コマとしてご理解ください。(2009.04.26)
x

千畳敷カール(長野県)

千畳敷カール 東京から車で移動し、中央アルプスの千畳敷カールを訪れました。

「カール」は約2万年前、氷河期の氷で削り取られたお椀型の地形です。

ここは、高山植物の宝庫として知られています。(2009.08.23)
x
信濃の高山植物(千畳敷カール)
信濃の高山植物 宝剣岳から千畳敷カール一帯には、1970年当時で35科124種の高山植物が認められました。

カールの遊歩道沿いを半日かけて、18種の高山植物を撮影することができました。

雨のため八丁坂の途中で登山を諦めたので、来年はもう少し頑張りたいですね。(2009.08.23)
x
光前寺(駒ヶ根高原)
光前寺・駒ヶ根高原 光前寺は早太郎伝説と光苔で有名な寺です。

樹齢数百年の杉の巨木に囲まれた境内には十余棟の堂塔を備え、

長野県下屈指の大寺であり、南信州随一の祈願霊場として知られています。
x

駒ヶ根高原散策

駒ヶ根高原散策 中央道・駒ヶ根インタチェンジから千畳敷カールへ向かう時は、駒ヶ根高原を通過します。

光前寺(↑)、木曾駒ケ岳を望む駒ケ池、大沼湖(左の写真)、旧竹村家(古民家)などがあります。

今回は撮影時間に制約があったので、旧竹村家の数カットをご紹介します。
x

天竜祭り花火

天竜祭り・花火 2009年8月22日に開催された、天竜ふるさと祭り花火大会の一こまです。

駒ヶ根駅から車で10分ほどの天竜大橋脇の河川敷が打ち上げ場。

川沿いの田んぼは黄金色の稲穂で彩られていました。
x

川越祭(その2)

川越祭り(その2) 今年の川越祭は10月17日・18日に開催されました。

昨年に引き続き、2回目の撮影です。

今年は、川越氷川神社の神幸祭の行列を中心に取材しました。
x

グアム島(雲の景観)

グアム島(雲の景観) 次女の結婚式に参列するためにグアムを訪れました。

11月21日成田前泊〜25日までの観光・撮影を兼ねた旅行でした。

ここでは、その中でも南国で日常見られる積雲などの雲を中心にスライドショーにしました。
x

グアム島(空港上空・リゾートホテル)

グアム島(空港上空・リゾートホテル) グアム島はミクロネシアでは最大の島ですが、淡路島とほぼ同等の大きさ。

今回は雲に隠れてその全容は見えませんでしたが、その海岸線は非常に綺麗でした。

宿泊した「シェラトン ラグーナ」の簡単な紹介を兼ねた写真もアップします。
x

グアム島(島内観光)

グアム島(島内観光) 島内観光コースをバスで巡りました。

アプガン砦 → スペイン広場 → フィッシュアイ・マリンパーク → 恋人岬

→ マイクロネシアモール → DFSギャラリア → グアム・プレミアム・アウトレット
x

秩父夜祭(その2)

秩父夜祭(その2) 昨年に引き続き、二回目の秩父夜祭です。12月2日宵宮から3日大祭まで。

前回のG10からEOS−5D MarkUに機材強化し、迫力あるショットを狙いましたが・・・。

2日は宵宮(よいみや)が行われ、宮地、本町、中町、上町の屋台ばやしが圧巻でした。
 
 3日は11時ごろから雨が降り出し、御神幸祭、打ち上げ花火の撮影は2010年のお楽しみに♪
x

清雲寺のしだれ桜(秩父市荒川)

清雲寺のしだれ桜 臨済宗建長寺派に属する清雲寺は秩父市若御子山の麓にあります。

この寺には樹齢6百年に及ぶエドヒガン桜の大木があります。

2010.04.11撮影
x

阿智村の桜(長野県下伊那郡)

阿智村の桜(長野県下伊那郡) 中央道の飯田山本ICで降り、長野県下伊那郡阿智村の桜を撮影しました。

桝原学校や南アルプスを眺望できる宗円寺、駒つなぎの桜などを訪れました。

宿泊は昼神温泉郷 阿智の里「ひるがみ」でした。

2010.04.13〜14撮影
x

三島夏まつり(その2)

一昨年に引き続き、長女夫婦が住む三島市を訪れて、三島夏まつりを見物しました。

今年は定番の頼朝公旗揚げ行列と手筒花火を中心に撮影しました。

2010.08.16撮影
x

久能山東照宮

日本平ロープウエを使って久能山東照宮を参拝しました。

日光東照宮に先立つこと19年前の1617年(元和2年)に建立されました。

重要文化財に指定されている建造物や国宝を多く見ることができました。

2010.08.17撮影
x

川越祭(その3)

今年は氷川神社を訪問しました。

川越祭(川越氷川祭)の起源は氷川神社の例大祭で、町方祭礼行事として今日まで続いています。

関東三大まつりで、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

2010.10.16撮影
x

塔のへつり

福島県南会津郡下郷町の観光の名所「塔のへつり」を訪れました。

会津鉄道会津線「塔のへつり駅」の直ぐ近く、下野街道(会津西街道)沿いに有ります。

撮影当日は快晴に恵まれ、素晴らしい紅葉を楽しむことが出来ました。

2010.11.07撮影
x

大内宿

「塔のへつり」から北西に10kmほどの所に「大内宿」がありました。

大内は、江戸時代に下野街道の一宿場として栄えたようです。

現在の家並みは昔の面影が残るものの、地域一帯が商業主義に毒されていて少し幻滅でした。

2010.11.07撮影

磐梯高原

宿泊先の芦の牧温泉を出発し、会津若松・磐梯山ゴールドラインを経て、裏磐梯を訪れました。

今回は五色沼自然探勝路をゆっくりと散策し、深まる秋を記録しました。

2010.11.08撮影

秩父夜祭(その3)

去年は12月2日の「宵宮」を見に行きましたが、あいにく雨模様でした。

今年は3日の「大祭」に絞りましたが、運良く小春日和の陽気に恵まれ、

国指定重要民俗文化財の屋台などをじっくりと鑑賞できました。

2010.12.03撮影

権現堂公園(幸手桜堤)

東北自動車道の久喜インターから10km余りの、国道4号線沿いに権現堂公園があります。

中川の堤防約1kmに渡って約1000本のソメイヨシノの桜並木が続いています。

桜堤の下は、一面、菜の花畑になっており、サクラ色と黄色の見事なコントラストを楽しみました。

2011.04.15撮影

野毛大道芸(第37回)

桜木町駅から徒歩5分の野毛本通りほかで毎年開催されている大道芸は今年で37回目。

14ヶ所で繰り広げられるパフォーマンスはそれぞれ個性満載でした。

このフォトアルバムにはこれらの中の4つを収録しました。

2011.04.24撮影

箱根強羅公園

見ごろのローズガーデン、白雲洞茶苑での抹茶、アジサイ展など充実の一日でした。

朝霧に霞むヒマラヤ杉や小さな宝石が数珠状に並んだ蜘蛛の巣などは、

東京ではなかなかお目にかかれない光景でした♪

2011.06.09撮影
x

厳島神社(安芸の宮島)

日本三景に数えられる風向明媚な安芸の宮島の中で筆頭の観光地が厳島神社です。

西暦593年に創建され、海上安全と商売繁盛の神様として、平家一門にも信仰されました。

平成8年に世界文化遺産に登録されています。

2011.07.29撮影
x

広島平和記念公園


2011年8月6日は66回目の永遠に忘れ去ることが出来ない「広島原爆投下記念日」です。

被爆されなくなられた方々に心から哀悼の意を表すると共に、被爆による後遺症で

現在も苦しい思いをされている方々に、心からお見舞いを申し上げます。

2011.07.29撮影
x

錦帯橋(岩国の名勝)

錦帯橋は日本三名橋や日本三大奇橋に数えられており、名勝に指定されています。

1673年(延宝元年)にアーチ状に改築した後、276年間は大きな台風の被害はなかったようです。

橋のアーチの美しさが、四季折々の風情とマッチして、素晴らしい景観を作り出すのでしょう。

2011.07.30撮影
x

瑠璃光寺(国宝五重塔)


山口県山口市香山町にある曹洞宗の寺院で、本尊は薬師如来です。

国宝の五重塔を中心として、境内は香山公園と呼ばれ、桜や梅の名所にもなっています。

大内氏全盛期の大内文化を伝える寺院であり、「西の京・山口」を代表する観光名所となっています。

2011.07.30撮影
x

秋吉台・秋芳洞



秋吉台は山口県美祢市の中・東部に広がる日本最大のカルスト台地です。

秋吉台の地下に広がる秋芳洞は正面入口から黒谷口までの高低差が40mあります。

今回は黒谷から入る「下りコース」を歩きましたが、地球の営みの凄さに圧倒されました。

2011.07.30撮影
x

青海島(北長門海岸国定公園)


青海島(おうみじま)は、山口県長門市の北、日本海に浮かんでいます。

面積14平方キロメートル、周囲は約40キロメートルで、本土との間は青海大橋で連絡されています。

島の北岸は日本海の荒波を受けた浸食地形となっており、奇岩が並び立つています。

2011.07.30撮影
x

萩(毛利氏三十六万石の城下町)


江戸時代に、毛利氏が治める長州藩の本拠地となった場所として有名です。

松下村塾を中心に、幕末から戦前にかけては政財界の大物を多く輩出しています。

中心部は阿武川が橋本川と松本川に分かれている全国有数の規模を誇るデルタ地帯です。

2011.07.30〜31撮影
x

津和野(鳥取県の小京都)

明治維新前には津和野藩亀井氏の城下町でした。

山間の小さな盆地に広がる町並みは、「小京都」の代表格として知られています。

津和野駅はSLやまぐち号の発着駅でもあります。


2011.07.31撮影
x

野毛大道芸 2011オータム フェスティバル

毎年春に開催されている野毛大道芸の秋版といったもので、チョッとだけ規模が小さかった。

その分、芸人さんそれぞれの技と熱気が直に伝わってきました。


2011.10.01撮影
x

高尾山・薬王院

都心から約50kmほど、海抜600mの高尾山は大自然の宝庫です。

紅葉の時期より少し早めでしたが、ケーブルカーに乗り、薬王院の精進料理を賞味してきました。

2011.10.25撮影
x

養老渓谷(千葉県)の紅葉

養老渓谷は、千葉県夷隅郡大多喜町から市原市を流れる養老川によって形成された渓谷です。

養老渓谷の紅葉は例年11月中旬頃から見頃を迎え、関東ではもっとも色づきが遅いとのこと。

本格的な遊歩道あり、たくさんの滝あり、沢歩きありの遊びどころも盛りだくさんでした。


2011.12.02撮影
x

小松寺(紅葉の名所)

小松寺は南房総の‘もみじの寺’として知られています。

その季節になると、境内のモミジ、カエデ、イチョウが鮮やかに色づき、古寺の風情が際立ちます。

参道や池周辺の紅葉は、常緑樹や竹林とのコントラストが美しく、彩り鮮やかな秋を演出していました。


2011.12.02撮影
x

新春のFUJIYAMA

山中湖畔からの富士眺望は富士五湖からの眺望と一味違った趣がありました。

手前には広大な富士裾野が広がり、山中湖を横目に見た景観は非常にファンタスティックでした。

2011.12.31〜2012.01.01撮影
x

武田信玄ゆかりの恵林寺

開山より680年余りを誇る古刹で、応仁の乱で荒廃しましたが、

甲斐武田信玄公の菩提寺に定められて復興し、京都から高僧が招かれたとのこと。

庭園は京都の天竜寺、西芳寺(苔寺)と並ぶ夢窓国師の代表作で、国の名勝となっています。

2011.12.31撮影
x

武田神社・甲斐善光寺

甲斐善光寺は山梨県甲府市善光寺にある浄土宗の寺院です。

山門、本堂(金堂)は重要文化財で、宝物館では阿弥陀如来像(重文)や、

最古の源頼朝、実朝像などを公開していました。

2012.01.01撮影
x

清水寺⇒五条通⇒川端通⇒(南禅寺)

春爛漫の京都・奈良を2日間の過密日程で探訪しました。

手始めに、清水寺から五条通・川端通を経て南禅寺へ

祇園四条ではとんでもない事件に遭遇しました!

2012.04.12撮影
x

南禅寺⇒哲学の道⇒熊野若王子神社⇒(醍醐寺)

南禅寺は正応4年(1291年)、亀山法皇が大明国師を開山に迎えて開創されました。

南禅寺付近から慈照寺(銀閣寺)まで、琵琶湖疏水の両岸に植えられた桜はみごとです。

2012.04.12撮影
x

醍醐寺⇒(大和平野・奈良)

醍醐寺は真言宗小野流の中心寺院として仏教史において重要な地位を占めています。

その広大な敷地は上醍醐、下醍醐、三宝院に分かれていて、今回は三宝院に訪れました。

2012.04.12撮影
x

(奈良)⇒大和平野⇒吉野山・金峯山寺(きんぷせんじ)

吉野山(よしのやま)は奈良県の中央部にあり、吉野川(紀の川)南岸から南北に続く山稜です。

金峯山寺を中心とした社寺が点在する地域で、古くから花の名所として知られています。

特に桜は有名で、その地域ごとに下千本、中千本、上千本、奥千本と呼ばれています。

2012.04.13撮影
x

(吉野山)⇒長谷寺⇒名古屋駅

長谷寺は真言宗豊山派総本山の寺で、本尊は十一面観世音菩薩立像、僧侶の道明が創建したと。

西国三十三箇所観音霊場の第八番札所で、日本でも有数の観音霊場として知られています。

長谷寺から名阪国道経由で名古屋駅まで、バスの車窓からのどかな風景を楽しみました。

2012.04.13撮影
x

笠森観音(千葉県)

千葉県長生郡長南町に在る笠森観音は、「天台宗・別格大本山笠森寺」が正式名称です。

国指定重要文化財に指定されていて、「坂東三十三観音札所」の三十一番札所です。

2012.07.09撮影
x

古代蓮の里(埼玉県行田市)

その季節になると、古代蓮の里では、行田蓮をはじめとする42種類、約12万株の花蓮を楽しめます。

花弁の数が少ない原始的な形態を持つ行田蓮は、古代(数千年前)の蓮と言われていると。

2012.07.29撮影
x

ハンターマウンテンゆりパーク(栃木県那須塩原市)

50種500万輪のゆりが 3万坪の広大なゲレンデと白樺エリアに咲き乱れていました。

今年で9年目を迎える「ハンターマウンテンゆりパーク」は、日本最大級を誇るとのこと。

2012.07.31撮影
x

佐久市・内山牧場の大コスモス畑

中軽井沢の友人別荘へ泊まった帰りに、佐久のコスモス街道沿いの内山牧場を訪問しました。

牧場のなだらかなスロープ一面に咲き誇るコスモスちゃんに圧倒されました。

2012.09.09撮影
x

小原・四季桜(愛知県豊田市)

例年は、可憐な四季桜と紅葉が、小原の山里を埋め尽くします。

今回は見ごろとしては少しはやめの訪問で、のんびりと散策をしながらの鑑賞でした。

2012.11.26撮影
x

香嵐渓の紅葉(愛知県豊田市足助町)

寛永11年(1634年)に、巴川から香積寺に至る参道にカエデなどを植えたのが始まりとされます。

今回は雨にたたられましたが、このお陰で落ち着きのある絵作りができたと思います。

2012.11.26撮影
x

永源寺・湖東三山の紅葉(岐阜県)

永源寺(東近江市)の紅葉トンネルと湖東三山の赤く染まったカエデやモミジの紅葉

湖東三山 : 百済寺(東近江市)・金剛輪寺(愛知郡)・西明寺(犬上郡)

2012.11.27撮影
x

楽寿園の菊まつり(静岡県三島市)

JR三島駅南口にほど近い公園で、庭園は国の天然記念物、名勝に指定されています。

「菊まつり」は今年で60回目を迎え、多くの菊を使った色鮮やかなお寺は観ごたえたっぷり。

2012.12.01撮影
x

成田山新勝寺と参道風景

娘のボストン渡航見送りの帰りに、成田山新勝寺を参拝しました。

不動明王信仰の寺院のひとつで、一般には「成田不動」あるいは単に「成田山」と呼ばれています。

2012.12.11撮影
x
石垣島鍾乳洞
2年前に訪れた「秋芳洞」と比べても、けっして見劣りすることはなかった。

沖縄県の鍾乳洞の多さは日本一で、石垣島だけで実に大小19ヵ所の鍾乳洞があるとのこと。

2013.02.28撮影
x
西表島のマングローブ樹海・由布島の水牛車
仲間川流域一帯のマングローブ樹海は国の天然記念物で「天然保護区域」に指定されています。

由布島は周囲2km足らずの小さな島で、西表島から水牛車に乗って行くことができます。

2013.03.01撮影
x
小浜島のリゾートホテル・石垣島散策
宿泊した星野リゾートに、日本最南ゴルフ場(旧ニラカナイ・カントリーC)が併設されていました。

こはぐら荘経由で石垣島へ。石垣やいま村・石垣焼窯元・ミンサー織工芸館・川平湾など撮影。

2013.03.02撮影
x

厳島神社(安芸の宮島)

約2年ぶりに訪問した世界文化遺産の厳島神社。

今回は日本三景の一つでもある安芸の宮島をナイト・クルージングで鑑賞しました


2013.04.01撮影
x
足立美術館⇒出雲大社
枯山水庭をはじめ、50,000坪におよぶ6つの庭園を持つ足立美術館。

平成の大遷宮の真っ最中であった出雲大社を見て、玉造温泉へ。

2013.04.02撮影
x
玉造温泉⇒鳥取砂丘⇒天橋立
昭和30年に国の天然記念物に指定され、平成19年には日本の地質百選に選定された鳥取砂丘。

宮津湾にある天橋立は、陸奥の『松島』・安芸の『宮島』とともに、日本三景とされています。


2013.04.03撮影


「ハートフェルト フォトグラフィー(Heartfelt Photography)」代表のフォトアルバムです。






す。Copyrights(C), 2008, Heartfelt Photography (ハートフェルト フォトク゛ラフィー),  All Rights Reserved