x

成田山新勝寺と参道風景(千葉県成田市)




開基1070年の記念事業として、2006年(平成18年)に竣工しました。
境内入口に建つ、高さ15m、桁行14.2m、梁行6.3mの総欅造りです。
2階部には不動明王や千手観音、大日如来など8体の木製仏像が奉安されています。





左から仁王門、大本堂、三重塔を臨みます。




 

執金剛(しゆうこんごう)神の別名で、仏法を守護する夜叉神(やしゃじん)です。
本来は一つの神格ですが、日本では多く二神一対として寺門の左右に置かれます。



 

那羅延金剛は、非常に力が強く、その大力を那羅延力と呼ばれています。




護摩焚きを終えた僧侶たちが、僧坊に戻るところです。






大野屋の歴史は江戸中期に始まり、成田山新勝寺に納める蝋燭屋でしたが、その後旅館業をはじめたと。
 現存する建物は昭和10年(1935年)に建て替えられたもので、現在の建築基準では不可能な木造4階建てです。
平成17年(2005年)2月、成田市の登録有形文化財になりました。













成田山の総門から西に向かったところに「川豊」という鰻屋に遭遇しました。
明治43年初代伊藤豊治氏が、印旛沼・利根川・長沼で、川魚、主に鰻や鯉などの漁をして卸を始めたのが始まりのようです。
軽妙な包丁さばきで、アッというまに治きの良いウナちゃんが捌かれていきます。








す。Copyrights(C), 2008, Heartfelt Photography(ハートフェルト フォトク゛ラフィー), All Rights Reserved