x


青海島(北長門海岸国定公園)




今回はブルーライン(観音堂までの往復)の遊覧船に乗りました






遊覧船に乗り込み、約70分のクルージングを楽しみました。



黄金洞(夫婦洞)



火山岩や凝灰岩中の断層、節理(われめ)などの比較的軟弱な部分にそって侵食・形成された洞です。





洞内が海面に反射した光によって、黄金色に輝くことからこの名が付きました。



洞の天井の左右に深い亀裂が走っています。大昔はこの天井はもっと高かったのかもしれません。



幕岩



平面的に削られた岩の表面には、蛇やタコ、亀などに見える模様が壁画のように浮き出ています。



その他の奇岩









青海島は、今から約1億年前の中生代白亜紀後期に、溶岩が冷えて固まった火山岩などが主体です。
約1,500万年前に日本海が形成された後、海波・風雨・潮流によって侵食され続けてきた結果で、このような奇岩になりました。





遊覧船の最後尾から青海島の東方を望む。海岸沿いは「海上アルプス」と呼ばれています。







Copyrights(C), 2008, Heartfelt Photography(ハートフェルト フォトク゛ラフィー), All Rights Reserved