Copyrights(C), 2008, Heartfelt Photography(ハートフェルト フォトク゛ラフィー), All Rights Reserved


【 権之助坂バス停→目黒川沿いの歩道→目黒区民センター脇→田道広場公園 

9月14日は目黒区主催の「目黒のさんま祭」でした。(品川区も7日に目黒駅東口の神社で開催してました。)

今年は13年目で、年々活況になっているようです。

目黒川沿いを往復する形でさんま券をもらうための長蛇の列ができ、並び始めて3時間で会場へ。(私はパスしました。)

気仙沼から約5000尾のさんまを一夜で運び込み、同時に約250尾を焼き台にのせて、炭火で一気に焼いていました。

その煙の凄まじいこと、焼き番の方々はゴーグルや大きめのサングラスなどかけて、

口にはタオルなどを巻いて、せっせと裏表を交互に焼いていました。(裏表とは言いませんね、左右?、黒い方・白い方?)

炭火の火力は相当なもので、焼き番の方々は時々炭火に散水していましたが、なにせ本数が多いので手が回らない。

. 中には黒焦げのさんまちゃんが出来上がり、やっと手に入れたのにガッカリ、といった場面も見られました。

焼きあがったさんまはお皿にのせられ、会場内のテントで大根おろしとカボスを薬味にして皆さんは美味しそうにご賞味。

私は仕方が無いので「すり身汁」を賞味しましたが、これも結構いけましたよ。下妻の地ビールのあったし。

来年は朝一でならんで気仙沼の新鮮なさんまを味わおう!


周辺地図はコチラ