x
多摩森林科学園



多摩森林科学園の沿革
1921年(大正10年)2月に宮内省帝室林野管理局林業試験場として発足以降、御料林の経営に関わる試験・研究を行ってきた。
1988年(昭和63年)に「多摩森林科学園」となり、一般公開を始めたのは、1992年(平成4年)。
現在は我が国最大の森林・林業・木材産業に係わる研究機関である独立行政法人森林総合研究所の支所の一つ。
江戸時代には幕府直轄地であり、明治以降には御料林として公的に管理・保護されてきたため、モミやスダジイなどの常緑樹が多く見られる。
(多摩森林科学園ウェブサイトから一部引用)











































太陽の光に照らされた樹木の新芽はキラキラと輝き、その中に千差万別のサクラの花が溶け込んでいました。








Copyrights(C), 2008, Heartfelt Photography(ハートフェルト フォトク゛ラフィー), All Rights Reserved