x


養老渓谷・粟又の滝(千葉県)




千葉に向かう車窓から、スカイツリーが見えました。




東京湾に臨むコンビナートの煙突からモクモクと煙が出ていて、一見景気がよさそうですが・・・。






養老渓谷に向かう途中で「JAきみつ味」に立ち寄りました。その時、「久留里線」の電車に遭遇しました。




養老渓谷につながるトンネルの入り口には、たわわに実った渋柿が出迎えてくれました。




渓谷手前のトンネルです。光の模様と造形美を感じてパチリ♪



養老渓谷







 



共栄橋を渡り、養老川の散策路に入ると、目にも鮮やかな紅葉が待ち構えていました。




ここは「弘文洞跡」と呼ばれ、以前は隧道(トンネル)の上部がつながり道が通っていて、川は釣りの名所であったと。
1979年(昭和54年)5月24日の未明に突如上部が崩落したとのこと。




ひっそりと岩肌に留まるように、赤く染まった姿が愛らしい♪










紅葉に溶け込むように生っていた渋柿ちゃん。品種は甲州百目(こうしゅうひゃくめ)か愛宕(あたご)と思われます。






散策路に「葛藤亭」という小さなお店があり、ここで鮎の塩焼きや焼き芋を売っていました。
猫ちゃんと一緒に鮎の塩焼きを頂ければ最高だったのに〜。






駐車場脇の売店では自家製の梅干が売られていました。昔ながらの素朴な梅干に魅せられて、思わず財布の紐が緩みました。



粟又の滝




養老渓谷から南に車で20分ほどの所に「粟又の滝」があります。




滝の直ぐ上流の様子です。






 



養老川沿いには見ごろの紅葉がいっぱい♪ 人もいっぱい! 滝は「万年の滝」です。





おまけ:今回の旅行では、いたるところに咲いている寒椿が目に入りました。







Copyrights(C), 2008, Heartfelt Photography(ハートフェルト フォトク゛ラフィー), All Rights Reserved